自動車保険でセコム損保を選んだ理由

admin

セコム損保の魅力が分かりました

私や家内は自宅にあるトヨタのプリウスを普段から乗っており、自動車保険料は大体8万円を超えるほどです。FW001_L
8万円という金額は決して安い金額では無いのでいくらか保険料を安くしたいなと普段から思っていたのですが、車両保険が付いてしまうとなるとどうしても仕方がないので諦めていました。
やはり自損事故にも対応してくれる一般型の車両保険が良いですし、自家用車のプリウスは平成23年度の登録者であるため車両保険を無くすという気持ちはありませんでした。
家にあるプリウスの型式はDAA-ZVW30であり、家内も私自身もゴールド免許であり、等級は11等級、私も家内もお互いに36歳であるため35歳以上のドライバーの条件として本人配偶者限定、一般型の車両保険として一括見積もりをしました。
以前から保険料を安く抑えることが出来るといわれるダイレクト形を主に調べていたらセコム損保という会社を見つけました。
このセコム損保は補償内容や事故対応の充実と保険料の安さに魅力を感じ、セコム損保に興味を持ちました。

保険料が安くなり充実した補償

対物超過費用については50万円を限度として自動付帯になっており、対人・対物は制限無しとなります。ID-100233930
自損事故傷害特約は1500万円の自動付帯、車内のみの人身傷害は3000万円、それに搭乗者被害が1000万円プラスされます。
そして一般型の車両保険で補助金は230万円となり、免責の料金は無料でした。
ペーパーレス割引の500円とネット割引の3500円、家族ゴールド免許割引が加わって保険料は一年で60930円と安く抑えることが出来ました。
魅力としては自動付帯が多いことに補償内容が充実していること、さらに保険料が安くなったことです。
自動車事故には現場急行して頂けるサービスのほかにロードサービスの場合は自動付帯となります。
私がインターネットで見積もりをしてみてセコム損保はこのような充実した内容であると分かったため、セコム損保に乗り換えてみようと決意しました。