3つの理由からセゾン自動車火災の自動車保険の見積もりをしました

admin

セゾン自動車火災の自動車保険見積もりをした理由

来月に自動車保険の更新を控えて、自動車保険を色々調べてみました。a0002_003999
私は53歳ですが、長男が車の免許を取って時々私のトヨタのヴィッツに乗るようになったのです。
長男は20歳で、私の車の運転者の条件には入っていません。
私の車の運転者の条件は35歳以上で本人配偶者限定なのです。
そんな時セゾン自動車保険に興味を持ちました。
50代にの保険料は安くなっているということが言われていて、50代は事故率が低く、それを保険料に反映していて、さらに長男を運転者にしても、セゾンの場合、主たる運転者の条件を基本にしているので、保険料はそんなに高くはならないそうなのです。
ほとんど全ての自動車保険は、家族限定にすると一番若い運転者を基本にした保険料になってしまいます。
セゾンはそれが他とは違っているのです。
また、補償が選べることで無駄な保険料を払わなくて良いということになります。
以上の3つの点が非常に魅力的で、セゾン自動車火災で見積もりしてみました。

車両保険を付けることができました

DK036_Lトヨタのヴィッツで型式がNSP135,平成23年登録で、ノンフリート等級が16等級、ゴールド免許になります。
運転者に息子を加えて、未熟な運転の息子のために車両保険も付加した見積もりにしました。
対人と対物は無制限、そこに車両全損時超過修理費用特約を付加して、事故の相手に対して50万円を限度に時価を越える修理費用を払えるようにしたのです。
人身傷害は3000万円で、これは車の中でも外でも補償の対象になります。
そして車両保険が115万円付いて、免責は最初がゼロで、2回目以降10万円になるのです。
車両無過失責任特約が自動付帯になっていて、過失がないときは車両保険を利用しても等級は下がらないことになります。
そこにロードアシスタンス特約と弁護士費用特約300万円をセットして、保険料は年払いで60410円になりました。
これであれば、長男も安心して運転することが出来るようになるでしょう。
この見積もりがとても気にいったので、更新になったらセゾンに乗り換えします。