合理的な見積もりならセゾン自動車火災

admin

とても合理的な仕組み

0-44 (2)私は千葉県内に住む46歳のサラリーマンです。
日頃は東京の会社に電車通勤しており、車は休日にしか使いません。
トヨタのウィッシュに乗っており、年間走行距離は5000キロ以下です。
自動車保険の更新が来たのですが、車の利用頻度が少ないため保険料負担をなるべく抑えたいと考えました。
そこで40代ならさらに保険料が安くなると評判の、セゾン自動車火災のおとなの自動車保険で見積もりすることにしたのです。
画期的なのは自分で補償を1つ1つ組み立てることです。
そして驚きだったのが、ロードサービスが1,890円の有料だったことです。
たいていの保険会社は無料サービスとなっていますが、逆に考えればサービスと言いながらも全体の保険料に上乗せされていたのではと思ってしまいます。
実は私が持っているクレジットカードにロードサービスが無料付帯されているので、これまでの自動車保険では重複が生じていました。
どちらを使えばいいか悩むくらいでしょう。
そうであれば自動車保険ではロードサービスを付けずに、その分、保険料を節約するのが合理的と感じます。

この等級でこの安さ

更新後の等級は15等級になります。
car_gray私はマイカーを購入したのが遅かったので、同世代に比べると等級は低いかもしれません。
そんな私でもセゾン自動車火災では、目を見張るような安い保険料を実現できたのです。
なお、免許はゴールドです。
基本補償には対人対物と無保険車傷害の無制限が付いています。
自分で選んだ補償は車内外補償の人身傷害5,000万円、入院通院一時金最大100万円、車両保険は保険金額が145万円で車同士の衝突、自損・当て逃げ、火災・台風・落書きを選択しました。
この内容で年間保険料は、なんと38,180円にしかなりません。
安いと思いませんか。
さらに驚くのは車両保険の免責額が初回ゼロ、2回目以降10万円で設定したのにということです。
初回ゼロにするとたいてい保険料が大幅に上がるのですが、これには驚きを隠しきれません。