セゾン自動車火災で見積もりをしながら学ぶ

admin

おとなの保険は40.50代の味方なのか?

1 (34)

ステップワゴンを乗っているのですが、自動車保険が満期更新という事で、前から気になっていたセゾン自動車火災の「おとなの保険」の見積もりをしてみました。
「おとなの保険」は40代・50代にうれしい保険というCMをよく見かけて、40代の私にピッタリの保険なのでは?
と気になっていたのです。
事故対応も素晴らしいと評価する方が多いようです。
実際、自動車保険の見積もりをする事に不安はあったのですが、試しにホームページより入って、見積もりをしてみました。
必要箇所を指示通り記入するだけで、すぐに自分へのお勧めプランが表示されるので簡単で拍子抜けする程でした。

喜ばれる保険

DS005_L

16等級で運転するのは私と夫です。
実際に少し迷ったのが、被保険者のところです。
主に運転する人が被保険者となるわけなのですが、うちの場合半々なので、今までは夫を被保険者にしていたのです。
しかし、私はゴールド免許で夫はブルー免許なので、私を被保険者にした方がゴールド免許割引が適用されて保険料が安くなることに気づきました。
現在の契約で、被保険者を夫から私に変更する事が可能なのか?
少し不安だったので、電話で問い合わせると、丁寧な回答をいただき、夫婦間では等級継承が可能だとのことなので、被保険者を私にしました。
更に見積もりをしていて気づいたのですが、セゾン自動車火災の自動車保険は革新的です。
何故なら不要な自分には不必要な補償を外すことが容易にできるからです。
例えば車両保険はオールリスクタイプと節約なエコノミータイプに分かれている訳ですが、こちらの保険の補償は分類が細かく、必要な補償だけを選択して契約できます。
不要な補償を抑えて保険料を安くしようとしているのですね。
また、ロードサービス特約は自動付帯されている場合が多いのですが、おとなの保険ではつける事もできるのですが、なんとはずす事もできるという柔軟さ。
対人対物、人身傷害3千万、車両保険200万円(車同士の事故のみ)、特約にロードアシスタンス、弁護士費用をつけて、保険料は34,270円。
広告通り、保険料が安いので驚きました。
やはり、40代の人に喜ばれる保険だけの事はありますね。