50代の見積もりはセゾン自動車火災で決まり!

admin

50代が安くなるって本当?

DK197_L

私は山梨県在住の会社員で、通勤にもマイカーを使っています。
愛車はトヨタのクラウンですが、車両金額が高いため自動車保険の車両保険が割と高くなるのが悩みでした。
今回、更新をするにあたり、50代が安くなると評判のセゾン自動車火災のおとなの自動車保険の見積もりにチャレンジすることにしたんです。
これまでも保険会社は色々試してみましたが、どこも30代を超えると、それ以上年齢を重ねても年齢による保険料の割引はなくなってきます。
そこで、セゾン自動車火災がどのくらい安くなるのか、かなり見ものでした。
条件はトヨタのクラウン、山梨県、19等級、通勤使用、年間10000キロ以上15000キロ未満、ゴールド免許、年齢56歳、運転者夫婦限定です。
対人対物は無制限、人身傷害は車内のみ補償で5000万円をつけ、弁護士費用特約なし、1880円と有料のロードサービスも外しました。
JAFに加盟しているのでロードサービスはなくてもいいかなと思ったのです。

驚きの安さ

a1180_005609

気になる車両保険では車両保険金額が560万円とやはり高い試算でしたが、内容が選べるのが画期的でした。
保険料単価が分かるのです。
私のケースでは車どうしの接触が11070円、単独事故および当て逃げが16820円、盗難が1220円、火災・落書き・台風が590円、車庫での水災が920円でした。
少し迷いましたが、それぞれの単価が見えたことで、高いといった印象が消え、車庫での水災以外は全て付保することにしました。
免責額は5万円に設定し、いよいよ保険料の試算です。
いったいいくらになったと思いますか?
年間保険料56380円です。
インターネット割引が一律10000円も適用され、かなりお得になったといえるかもしれません。
このうち、29700円が車両保険部分で、人身傷害が1470円、対人対物と無保険車傷害無制限に他者運転特約を付保した部分が35810円となっています。
保険料の内訳が分かることが、これほどに納得感を生むとは思いませんでした。