充実補償とサポート体制で日新火災の自動車保険の見積もりをした

admin

充実した補償を見積ってみました

まもなく自動車保険の更新を迎えますが、良い自動車保険があれば乗り換えしても良いと思って色々さがして日新火災の補償とサービスが気になって見積もりをして見ました。9-2 (3)
私は30代の会社員ですが、車はトヨタのヴォクシーに乗っていて型式はAZR65Gで平成15年登録の古い車です。
運転者の年齢条件を35歳以上にして本人配偶者限定にして、等級は10等級でゴールド免許になります。
日新火災の基本的補償の対人と対物は無制限にして、人身傷害を3000万円、契約車両のみの事故でセットしたのです。
対人賠償をセットすると無保険車傷害が自動付帯になり、日本の無保険車の割合が3割くらいあるらしいので外せない補償ではないでしょうか。
また対人に交通弱者補償をかけると、事故の被害者の過失割合分を補償することができ、これと同じような補償に対物の特約の対物超過修理費用特約があり、事故の相手の車の修理代を時価を越えて50万円まで補償でき、これらによって示談はスムースに進むことと思います。
人身傷害をセットするとロードサービスが自動付帯になって、質の高いサービスを受けることが出来るのです。
その他の特約として、事故時宿泊帰宅移動費用補償特約をセットしてロードサービスと併せて利用するとかなりの厚遇サービスとなります。

日新火災の安心サポート体制

日新火災のサービスは事故を起こしたら24時間365日事故受付をしてくれ、全国に約90か所ある損害サービス拠点で、専門スタッフが即座に初期対応をしてくれ、一事故一担当制で問題解決まで替わらず担当してくれます。13-8
そしてロードサービスは、レッカー移動やキーの閉じ込め、パンク時のタイヤ交換など簡単な修理をその場でしてくれ、ガス欠では給油サービスがあるのです。
そこに特約として付加した、宿泊サービスが1万円を限度に、そして帰宅サービスが一人2万円を上限にして補償してくれることになります。
このような充実したサポート体制を利用することが出来、保険料が年払いで37130円の年払いになりました。
とても気にいったので既契約が満期になったら日新火災に乗り換えます。