イラストが嬉しい日新火災で見積もり

admin

任意自動車保険の補償や特約

a0782_000928任意自動車保険には様々な種類がありますが、保険会社によって補償内容や特約は微妙に違ってきます。
選択できる、設定できる保険金の金額にも差がありますから、見積もりはできるだけ多くの会社から行い、どの保険会社がどの金額を設定できるのか、確認していってください。
対物賠償保険(名称も会社により異なります)一つとっても、選択できる金額が違い、500万円、1,000万円、2,000万円~無制限というように1,000万円単位で設定できる場合もあれば、一定の金額以上は選べない場合もあります。
人身傷害保険も、500万円1,000万円しか設定できない場合もあれば、細かくもっと高額な金額を設定できる場合もあるのです。
ちなみに対物賠償はモノだけに支払われる、と思っている人も多いようですが、実は休業や営業に対して損害を与えた場合にも、加入している保険から賠償金を支払えるので、必ず無制限に設定しておいた方がよいでしょう。
事故にあい、相手がバスだった場合、もしも相手が休業することになればバスの損害だけではなく休業損害を支払わなければなりません。
保険金の設定は気を付けてください。

日新火災での見積もり

ID-100101329日新火災での見積もりでは、トヨタのノアで行いました。
現在41歳、20等級、ゴールド免許を保有し、私だけが乗っているので35歳以上補償、本人・夫婦限定を付けています。
対人賠償・対物賠償をそれぞれ無制限にして、対物超過修理費用特約も付け、人身傷害補償保険は5,000万円です。
傷害車外危険補償特約、搭乗者傷害もつけ、車両保険は一般の200万円、代車特約をつけ、免責金額を5万円、弁護士費用特約、事故を起こした時の宿泊や帰宅移動費に関する費用の補償特約もつけました。
保険料は一年間でトータル58,960円になっています。
日新火災はとにかくどのような場合に保険金が支払われるのか、わかりやすい言葉と絵で説明してくれているので、初めて見積もりを経験する人もわかりやすいでしょう。