大手で安心!日本興亜損保で見積もりしてみました!

admin

保険会社選びも大変です

a1180_009246

私は52歳の主婦で、地域にある中堅スーパーの調理場でお惣菜作りのパートをしています。
仕事に行く際は愛車のトヨタのシエンタを使っています。
マイカー勤務は交通費が出ないので、ガソリン代は自分持ちです。
その分、多めに働きたいとも思うのですが、配偶者控除を受けるため年間103万円までしか働けません。
子供も大きくなったので、いっそのことフルタイム勤務の仕事に就いてしまうことも考えましたが、この歳では無理でした。
そこで今はパートをしつつ、いかに生活費の節約をするかが腕の見せ所です。
住宅ローンと子供の大学の学費が残ってますから、節約は欠かせません。
トイレットペーパー1つ買うにしても、近隣のスーパーやドラッグストアの価格を全てチェックするほどです。
ですから、自動車保険ももちろん比較するわけですが、近所のお店の数はたかが知れているのに、保険会社は本当にたくさんあって大変です。
そんな時、シエンタを走らせていたら日本興亜損保の看板が目に入りました。

保険料は安くて補償充実!主婦の賢い選び方

GD151_L

代理店で契約すれば探さなくて済む分、楽だなというのが頭をよぎったんです。
ですが、保険料は高くなるかもしれません。
そこで、どのくらいになるのか見積ってみようと考えました。
見積もり条件は20等級、通勤使用、運転者は夫婦限定、35歳以上補償、ゴールド免許です。
対人賠償と対物賠償は無制限で、車両保険は一般型で車両保険金額は140万円、免責額は1回目5万円、2回目10万円に設定しました。
これまでのところ、車両保険で保険金を請求したこともないので、免責額を設定して保険料を節約したほうがいいでしょう。
人身傷害は搭乗中のみ5000万円付けました。
主婦とはいえ、車椅子や介護が必要なケガを負った時には大きな補償が欠かせません。
弁護士費用特約などの特約系は一切付けませんでした。
これで保険料は47670円、意外に安いではありませんか?
証券はwebで見れば500円割引も適用され、お得です。
代理店契約は高いというのは誤解だったかもしれません。