日本興亜損保で自動車保険の見積もりをした

admin

日本興亜損保は総合力がある

b (52)

自動車保険を考える上で、その保険会社の支払い能力も考えたほうが良いかもしれません。
保険金支払が良い保険会社はやはり大手を選ぶのが一番いいかもしれないのです。
損保ジャパンと日本興亜損保が合併するのだそうです。
大手同士なのでメガ損保になるのではないでしょうか。
事故対応も非常に良いとの評価でロードサービスも自動付帯になっていて、レッカー移動や宿泊費や帰りの交通手段などは標準以上です。
自動車保険で、安心と安全を購入すると考えたら日本興亜損保が一番ではないでしょうか。
そんな事から日本興亜損保で自動車保険に見積もりをして見ました。

クレジット払いで車両保険付加

a0006_001084

私の車はトヨタのヴェルファイア、型式がANH25Wでノンフリート13級、ゴールド免許で見積もりをしました。
私は30歳の会社員で、運転条件は30歳以上で本人配偶者限定、この車は通勤では利用しないで家族でドライブや家内の買い物に利用するくらいです。
対人と対物は無制限にしていわゆる多雨物超過費用特約を付加しました。
この特約を付加することによって、事故の相手車が時価を超過する修理費になった場合、50万円を限度にして補償されるので、示談する上で問題になると思われることが一つ解消されます。
人身傷害は車内外も補償され5,000万円、そこに人身傷害諸費用をつけて、入院一時金などは付加しませんでした。
そして車両保険ですが、自損事故も補償対象になる一般型は保険料が高くなるので、車対車+Aの限定型にしたのです。
保険金は305万円、免責は初回ゼロ円で、二回目以降10万円になり、地震噴火津波危険車両全損時一時金特約で、地震や津波に対応したかったのですが、この特約は一般車両でなければつけることが出来ません。
そしてこの見積もりの保険料が69,350円の年払いになりました。
この見積もりが気に入ったので、出来れば既契約の更新時に乗り換えしたいとおもっています。
しかし、契約するときは、クレジット登録して、クレジットカードで支払おうと思っています。