日本興亜損保の安心サービスが良く見積もり

admin

ロードサービスがよい自動車保険を選びたい

a0001_006148自動車保険を考える場合、事故はめったに起こりませんが、ドライブをしていてトラブルに見舞われることは結構多いのではないでしょうか。
自動車保険選択で、使い勝手が良いロードサービスがある保険選択をする人も多いと聞きます。
私も先日高速道を運転中ラジエターの故障で、高速道路の路肩に止まってしまいました。
直ぐに自動車保険のロードサービスを利用しましたが、レッカー車の移動距離に制限があったり、宿泊費や帰りの交通費などは、そのロードサービスには付加されていません、その時このようなサービスもある保険が良いと思ったのです。
確かにダイレクト型の自動車保険はロードサービスが良いのですが、いざ、事故になったときの事故対応も心配になります。
問題は無いとは思うのですが、代理店方ならその契約した顔見知りの代理店に連絡したら良いだけです。
そんな事から私はこれまで代理店型と契約してきました。
そんな時、代理店型の日本興亜損保のロードサービスが良いと聞いたので、見積もりしてみたのです。

日本興亜損保は補償もサービスも良い

030 (2)昨年の1月にトヨタのハイブリッドのアクアを新車で購入しました。
型式はNHP10でノンフリート等級は13等級でゴールド免許、そして私は34歳で家内は30歳なので、運転者の年齢条件は26歳以上で本人配偶者限定で見積もりしたのです。
対人と対物は無制限で対物超過費用特約を50万の上限で付加して、人身傷害は5,000万円、そこに人身傷害諸費用をつけておき差額ベッド代など人身傷害の補償対象外についての備えをしました。
車両保険は、保険料の関係で車対車+Aの限定タイプにして保険料を抑えたのです。
保険金額は205万円、免責は0-10で二回目からは10万円の免責になります。
そこに、自動付帯のサービスが付き、レッカー移動が100キロまで無料、簡単なトラブルはその場で解消してくれ、ガス欠に関しては保険期間中一回だけ10リッター無料、そして緊急の宿泊費と帰りの交通費を限度はありますが補償してくれます。
この補償内容で保険料が60,370円になり、気契約が満期になったら乗り換えようと思います。