補償内容が私に最適な三井ダイレクトの自動車保険の見積もりをした

admin

子育て世代に最適な補償がある三井ダイレクト

私は40代の会社員で、子育て真っ盛りです。a0001_003289
教育費を捻出する意味でも、自動車保険の保険料を安くしたいと思っています。
そのような事から、ネットで自動車保険の一括見積もりをして保険料を比較して見たのです。
私が乗っている車はニッサンのマーチで型式がHK11で、ノンフリート等級は12等級、ゴールド免許で見積もりをしてもらいました。
運転者の年齢条件を35歳以上にして、本人配偶者限定で、車両保険は、平成20年登録のマーチなので付けないことにしたのです。
対物と対人は無制限にして、対物には対物超過費用特約を50万円を上限にしてセットしました。
この特約があれば、事故の相手の車の修理費が時価を越えても、50万円以内ならこの特約で修理してもらうことが出来ます。
人身傷害が、車内外で5000万円、搭乗者傷害が1000万円、そこに搭乗者傷害Wケア特約がセットされています。

保険料が安くなりロードサービスが充実している

2 (27)搭乗者傷害Wケア、この特約は、基本的に搭乗者傷害をダブルで補償、つまり2倍になる補償で、医療保険金に関して倍額支払うことが出来、尚且つ、18歳未満の子供抱いた場合育英資金を支払う特約です。
私のように子育て真っ最中で、これから教育費がいくらあっても足りないような方、つまり40代の方には最適な補償では無いでしょうか。
それにネットで色々探して見ましたが、三井ダイレクト以外では、この内容の特約は、私の知る限りありませんでした。
無保険車傷害が2億円付加されて、車両保険は付けません。
そしてこの見積もりで保険料は、22350円の年払いになります。
既契約と比べても、1万円弱安くなり、これはネット割引が4000円、証券不発行割引が500円、合計で4500円の割引があるからではないでしょうか。
そこに充実したロードサービスが自動付帯になっていて、レッカー移動は、契約者が修理工場を指定した場合は30キロまで無料、簡単なトラブル解消は無料でしてくれ、2年目以降になれば、宿泊費や帰りの交通費まで面倒を見てくれます。
補償内容が私にぴったりで保険料も安くなり、既契約の更新時期になったら三井ダイレクトに乗り換えます。