ノンフリート等級13級・自動車保険の保険料を安くしたいと思って三井ダイレクトで見積もりしてみました

admin

私は現在代理店型の自動車保険に加入していて、前々から保険料を安くしたいと思って通販型の自動車保険に興味を持っていました。
通販型は、事故対応の面で懸念があるといいわれていますが友人の事故の対応を見ていると必ずしもそうではないと感じています。
その友人は三井ダイレクトに加入していたので、そこで見積もりをしてみました。
37歳、富山在住、ノンフリート等級13級、型式V35、の条件で見積もりしてみたところ、3つのプランが提案され、エコノミープラン、スタンダードプラン、プレミアプランの3つのうち、エコノミーは対物超過修理費用特約が無く、プレミアムプランは人身傷害が1億円とスタンダードの2倍だったので、1億も補償はいらないと思い、エコノミープランとプレミアプランをカットして、スタンダードプランを採用しました。
対物超過費用修理特約は、相手の車の修理が時価を超えて修理しなくてはならないときに、50万円を限度に超過費用に対応する特約で、示談交渉がスムースに進むのではないかと思い付加しておきたい特約です。
その逆に、人身傷害億約は5,000万円の補償で十分ではないかと判断し、その理由は、事故にあったとき車に乗っている人が怪我や死亡したときの補償ですが、一応家内がこの車を運転したときのことを考えて、私と家内が運転して事故にあったときの補償にしましたが、本来家内は自分の車を持っているので、私の車はそんなに運転しません。
また、生命保険での補償のこともあるので自動車保険で1億も必要ないと感じたので5,000万円補償されているスタンダードプランで十分だと判断しました。
スタンダードプランに、証券不発行割引と弁護士費用特約を追加して保険料は年払いで31,400円になり、今加入している自動車保険の保険料よりも1万円弱安く、尚且つ人身傷害は2,000万円補償がアップして、弁護士費用特約も付加することができます。
三井ダイレクトの自動車保険に乗換えを決めました。