20等級の自分は三井ダイレクトで車両保険を納得見積もり

admin

まさかの時の補償とはいえ、生命保険と違い、掛け捨てということを考えると、極力自動車保険の任意保険の保険料は抑えたいという方が多いのではないでしょうか。
自分の場合は、ノンフリート等級が最大の20等級ながらも、乗っている車が料率9の保険料の高い車ですので、その分保険料が高くなってしまいます。
それに、車両保険もセットしているので、その分も高くなるのです。
何とか毎年の保険料を下げられないものかと思い、今はやりの通販型自動車保険を検討していることにしました。
とはいえ、車両保険とセットだけに、車両保険の保険金請求を渋るような保険会社とは契約したくないし、できれば、加害者ではなく、被害者、つまりはもらい事故でも、それなりに交渉してくれる保険会社を選びたいものです。
それで、口コミサイトやランキングサイト、比較サイトなどを見てみると、無論安価な通販型の損害保険ほど人気が高いようですが、いざ車両保険の支払や、被害者となったときには、クールな対応が、その口コミで目立っていました。
一括見積サイトなどを利用すると、上位すべては通販型損保だったのですが、その多くは異業種からの参入組で、どうしても、それらを選ぶ決断はできませんでした。
ところがその中で、1社だけ異業種参入ではない損保会社があったのです。
それが、三井ダイレクトです。
三井ダイレクトはTVCMでも、タレントの高山侑子さんを起用して、旗振って、走行距離や免許の色に関係ない保険料って宣伝してますよね。
年間走行距離が1万キロを超え、ブルー免許の自分にとっては、この上ない保険です。
それに、会社の資本状況を調べると、三井物産を先頭に三井住友海上も名を連ねており、損保としてのノウハウも三井住友海上から得ているということでした。
それで、一括見積サイト経由でこの保険に加入しようかと検討しました。
見積もり結果としては、最安値の損保が年6万円強ほどで、三井ダイレクトは7万円弱だったのですが、会社がしっかりしているのと、損害保険のノウハウもあるということが決めてになったのです。
ところが、そのサイト経由では、細かな特約の設定ができず、結局三井ダイレクトのサイトで直接見積もりを依頼しました。
特約の組み合わせも自由に選べ、特に弁護士特約などもあり、20等級の自分にとっては、かなり満足のいくものでした。
ところが、直接サイトでの見積もり結果が一括見積サイトよりも安価だったのです。
その内訳は、インターネット契約割引と保険証書無発券割引なるものでした。
結果、さらに4500円も安価になり、他の異業種参入組と大差ない保険料になり、かなり満足しています。