総合力で三井ダイレクトを選んで見積もりをしました

admin

三井ダイレクトは総合的に及第点

ID-100201952自動車保険を選ぶ場合、保険料が安い、事故対応が良い、サービスが充実していると言ったことが主な選択の要素ではないでしょうか。
これが全部揃えば言うことはないのですが、そうは簡単にはいきません。
この3つの要素が全て最高点の自動車保険は無いと思いますが、総合力がまとまっている自動車保険があります。
三井ダイレクトの自動車保険が、全て及第点ではないでしょうか。
必要な補償だけを選んでセットすることができ、ネット割引を一として割引が充実しています。
そして、ロードサービスがとても優れていて、そして支払い方法もクレジットで月払いが出来、事故対応も優れていて、1事故1担当制で、指定修理工場が1100工場あるのでどこで事故にあっても安心して修理を任せることができます。
契約者にはマイページから契約の変更などが簡単に出来るのです。
このようなサービスが行き届いていて、これで保険料が安ければ良いと思って、ついダイレクトで見積もりしてみました。

実際保険料も安くなるります

私は30代後半の会社員で、車はニッサンセレナ、型式がC26になります。EQ171_L
ノンフリート等級が10等級になりゴールド免許になり、運転者の条件は35歳以上で本人配偶者限定になるのです。
対物と対人が無制限で対物超過修理費用特約が、50万を限度に、事故の相手車両の時価を越えた修理費を支払うことが出来ます。
人身傷害が、車内外で5000万円付加されていて、搭乗車傷害が1000万円、そこに搭乗者傷害Wケアを追加することによって、搭乗者医療費が2倍になり、さらに18歳未満の子供がいる場合は育英資金も支給される、子育て世代には最適な特約ではないでしょうか。
そして無保険車傷害特約が2億円セットされています。
日本では30%程度が無保険車だというデータもあり、必須の特約と言えるのです。
ネット割り4000円と、証券不発行の500円の割引が加味されて保険料が年払いで27270円になります。
保険料も安かったので三井ダイレクトの自動車保険に乗り換えします。