事故を起こしても見積もりできた三井ダイレクトの安心

admin

事故を起こしてしまいました

003 (2)

私は茨城県に住む42歳のサラリーマンです。
お恥ずかしながら今年、自動車事故を起こしてしまいました。
といっても、自損事故で車両保険の保険金を請求したにとどまり、誰かを死傷させたり、自分がケガをしたわけではなかったのが不幸中の幸いだったかもしれません。
やっぱり厄年は恐いなと思いました。
修理費用は16万ほどで済んだものの、車両保険の免責額を10万円に設定していたため、受け取れたのは6万円だけです。
まさか事故は起こすまいと保険料の安さを優先させたのが、そもそものミステイクだったかもしれません。
わずか6万円しかカバーされないのに、自損事故での保険金請求により3等級もダウンするのですから悲しいとしか言いようがありません。
もちろん、保険金を請求せず等級をアップさせることも考えたのですが、さすがに6万円も保険料がアップすることはないだろうと使うことに決めました。
子供の高校受験が重なり、お金の必要な時期でもあったからです。

インターネット見積もりが可能で喜ぶ

061

いつも自動車保険の更新の際は、インターネットで見積もりをして最も安い保険会社を探しています。
ですが、今回は非常に困ったことになりました。
3等級ダウン事故を起こすと、インターネット上では見積もりができない保険会社がけっこうあったのです。
やはり、シビアなんですね。
そんな中、救いの手を伸べてくれたうちの1社が三井ダイレクトでした。
数少ない見積もりできる保険会社と比較した結果、最も保険料が安くなったのでこちらにお願いしようと考えています。
条件は現在16等級で更新後は13等級に下がります。
車はトヨタのプレミオで通勤使用、運転者は本人限定の35歳以上補償で、対人対物無制限、人身傷害を5000万円付けました。
もちろん、車両保険は事故を起こして不安がありますから、付けざるを得ないでしょう。
しかも、免責額で損をした気がするので、今回は5万円と低く設定しました。
どんなに保険料が上がるかと思ったところ、結果は61020円。
もっと高いと覚悟していたので、安心しています。