三井ダイレクトで見積もりをとってみよう!

admin

憧れの車を手に入れる前に

042 (2)

50代になって、経済的なゆとりも生まれてきたこともあり、憧れていた高級車の購入を検討しています。
毎週末、いろいろなディーラーを見て回ってい試乗していますが、本当にこれが楽しいのです。
高級車のディーラーは、サービスも一流ホテルのようで、行くだけで贅沢な満足感に浸ることができるのも魅力ですし、憧れの高級車を乗り比べることは、なんとも言えない喜びを感じます。
今まで医師としてずっとハードワークな日々を送ってきましたが、それまでの苦労が報われて嬉しいです。
そんな試乗を繰り返しているうちに、一番気に入った車を見つけました。
ポルシェです。
若いころからの憧れで、若輩者の私には不釣り合いか敬遠してきた車ですが、もう私も50代なので、購入してみたいと気持ちが固まってきました。
購入費用も用意出来て、夢を膨らませているところなのですが、現実的に考えれば車は購入して終わりではありません。
それから維持費がかかります。
購入前に維持費も検討しておこうと調べ始めました。

予想外の保険料の安さ

a0001_004023

維持費は、税金や車検、保険がありますが、税金は定められたものなので、節約は無理です。
よって車検と保険について検討してみることにしました。
車検はディーラーの車検で試算して、そして次に任意の自動車保険を考えることにしたのですが、これが沢山の会社があって迷ってしまいます。
そんな沢山の保険会社の中で、三井ダイレクトで見積もりを取ったのは、妻が独身時代に加入していたと言う理由でした。
車体価格が高いポルシェなので、きっと車両保険に入ったら、価格は跳ね上がるに違いありません。
よって車両保険は加入しない前提で、まずは見積もりを取ってみたのです。
見積もり条件は、50代の夫婦でゴールド免許所有者、住んでいるのは青森県、車種はポルシェ、ノンフリート等級は20等級、日常レジャーに使用して、走行距離は年間5000キロ程度となります。
そして出た保険料は、年払いで年間13940円で、予想外の安さに驚きました。
もっとベーシックなスタンダードプランでは、対物補償が2000万円と限定されて、12860円と1190円安くすることもできます。
この安さに安心して、さっそく購入手続きにはいりたいと思います。