総合力の三井ダイレクトで見積もりをした

admin

一括見積もりで、三井ダイレクトが目に止まりました

ID-100201669自動車保険の更新を来月に控えて、自動車保険の一括見積もりを利用してみました。
見積もりの条件は、私の年齢が42歳で家内が40歳なので運転者の条件を35歳以上にして、本人配偶者限定のしたのです。
所有している車はニッサン・マーチで型式がBK12になり、ノンフリート等級が11等級でゴールド免許になります。
保険料を安くしたかったので、車両保険は付けない見積もりにしました。
その中で2万円台の保険料の保険会社の自動車保険を、片っ端からネットで調べることにしたのですが、その中で三井ダイレクトに目が止まりました。

総合的に判断すると三井ダイレクトです

ID-100192385保険料は年払いで28,350円になり、インターネット割りが4,000円と証券を発行しないと500円の割引を受けることが出来るのです。
対人と対物は無制限で、対物超過修理費用特約を付けた見積もりで、これによって、事故の相手車の時価を越えた修理費を補償することができ、このことで示談が長くなるということを避けることが出来ます。
最近は古い車に乗っている方が多いので、この特約は必須ではないでしょうか。
人身傷害が契約車両以外でも補償されるタイプにして、家族もその対象になるので、家内や子供たちの交通事故などにも対応してくれます。
搭乗者傷害が1,000万円、そこに搭乗者Wケアがセットされ、この補償は搭乗者傷害の医療保険金が倍額になる特約と育英資金の補償の2つがセットされている補償です。
そして無保険車傷害が2億円付いてる補償内容で、弁護士費用特約は付けませんでした。
三井ダイレクトでは、事故の被害者になって三井ダイレクトが示談交渉できないときでも専門部署が色々バックアップしてくれるのです。
したがって、専門知識がなくても、バックアップがあれば十分相手方のプロの交渉人と対抗できると判断しました。
保険料が安く事故対応も良くて、そして充実氏らロードサービスなので安心してドライブを楽しめます。
総合的に判断して三井ダイレクトに既契約が満期になったら乗り換えします。