保険料が安い三井ダイレクトで見積もりした

admin

保険料、補償内容、事故対応、ロードサービスなど三井ダイレクトは揃っている

a0001_011909保険料が安く、車両保険などが付いて補償が手厚い、そして優れたロードサービス、この3つがそろっていたらそれは良い自動車保険といえるでしょう。
私たちは、昔と違って自動車保険を選べる時代で、昔のように商品が横並びで、どれを選んでも一緒と言うことはありません。
それぞれ特徴があって好きな商品を選ぶことができるのです。
私はかねがねネット通販型の自動車保険にして、保険料を安くしたかったのですが、どうしても事故対応が気になって踏み出せませんでしたが、三井ダイレクトは、その点十分な実績を積んでいるようです。
またロードサービスもレッカー移動は30キロまでは無料で、ガス欠や鍵の閉じ込め、パンク修理など簡単な作業は無料で行ってくれて、直線距離で50キロ以上のところでのトラブルは、宿泊費や帰りの交通費などが支給されるので安心してドライブが出来ます。
このように三井ダイレクトの自動車保険は3拍子揃っているので、乗り換え前提で見積もりしてみました。

補償と保険料のバランスが良い

p (31)私が乗っている車はニッサンノート、平成22年登録で型式はE11です。
ノンフリート等級は14等級、ゴールド免許で運転年齢条件は35歳以上で本人配偶者限定で車両保険を付けて見積もりしました。
対人・対物無制限で対物超過費用が50万円を限度に付いているので、事故の相手方の修理費はほぼ面倒を見れるのではないでしょうか。
そのことによって修理費でもめて示談交渉がこじれるという事はないと思います。
搭乗者傷害が1,000万円でWケアが付いていて、人身傷害は一般タイプで5,000万円、それに無保険車傷害が2億円付加されているのです。
そして車両保険が60万円の一般タイプ、面積が一回目5万円二回目以降10万円になっています。
事故付随費用補償特約と身の回り品補償特約がセットされていて、保険料はネット割り4,000円と証券不発行500円が加味され、年払いで46,230円になりました。
三井ダイレクトの見積もりが気に入ったので既契約の更新時に乗り換えします。