補償範囲がわかりやすい共栄火災で見積もり

admin

補償範囲はどこまで?

001 (2)「この限定特約を付けたら、どこまで補償されるの?」
という疑問を抱いたことがありませんか?
私は長年自動車保険を利用していますが、今まではっきりと理解していませんでした。
それでも今までは家族で車を運転するのは私だけという状況でしたので、それでも大丈夫だったのです。
しかし最近では子供たちが独立したり、免許を取得して私の車に乗ったりする状況に変化し、今までのように理解していない状況というのは非常に危険でしょう。
そこで補償範囲をわかりやすく解説してくれる保険会社を探したところ、イラストや表でわかりやすくまとめていた共栄火災を見つけました。
私には2人子供がいて、次男は別居中、長男は同居中、どちらもたまに私の車を運転しています。
家族限定をつけていいのか、年齢は下の子に合わせるのか確認したところ、別居中でも未婚なら家族限定の範囲に含まれること、そして年齢は同居中の長男に合わせて設定しても、別居中の次男は年齢にかかわらず補償されることがわかったのです。
また共栄火災には家族プラン割引があり、記名被保険者が30歳以上で、年齢条件が全年齢対象または21歳以上補償の場合に保険料が割引されるため、親子で乗る私たちにはぴったりの保険でしょう。

安心の保険料を

a0001_003287共栄火災ではスズキのスイフト、ゴールド免許、ノンフリート等級が20等級、私の年齢が50歳、運転者家族限定、年齢条件は長男に合わせて21歳以上補償という条件のもと見積もりを行っていきました。
対人賠償対物賠償ともに無制限、対物超過もセットし、人身傷害の保険金額を1億円、搭乗者傷害保険入院一時金10万円、車両保険の一般で210万円をセットしています。
免責金額は5-10万円、車両全損時臨費、車対車全損時一時金、エクセレントサポート、弁護士費用等補償をセットして、保険料が1年で95,960円です。
家族プラン割引が適用され、また新車割引など多くの割引で保険料が下がったので安心しました。