ペット好きなら共栄火災で見積もりがいい!

admin

犬一緒にドライブ、猫は留守番

CA161_L

私は32歳で29歳の妻と結婚して、もうすぐ1年になります。
まだ子供はいませんが、我が家には私が独身の頃から飼っている猫と、妻が連れてきた小型犬がいるんです。
アメリカンショートヘアはけっこう気性が激しいのですが、チワワとけっこう仲良くやっています。
さて、妻と私は恋人時代からドライブが好きで、週末になるとよくレジャーやショッピングへと出かけるんです。
最近はドッグランなどを併設している施設も多く、チワワを乗せて走る機会も増えてきました。
そんな折に自動車保険の更新が近づき、妻が妙なことを言い出しました。
「自分たちがケガをするような事故に遭ったら、チワワもケガをするかもしれない、そのときはどうするの?」
と言うではありませんか。
そう言われてみれば、もし事故で入院したら自宅にいる猫の面倒は誰が見るのだろうと私も不安になりました。
そこで、ダメもとでペットのケガを補償してくれる自動車保険を探したところ、見つけたのです。

国内初ペットのための特約

FZ093_L

それは、国内損保で初めてペットの死傷を補償する特約を作った共栄火災でした。
ペットがケガをしたら最大5万円、葬儀費用として最大13万円、さらにこの特約が優れているのは自分たちが事故で入院した際、ペットを預けるホテル代などを10万円までサポートしてくれることです。
これならチワワが万が一ケガをしても助かりますし、猫をペットホテルに預けるのも安心といえるでしょう。
しかも、この特約は一律800円ということで、安さも魅力といえるかもしれません。
さて、気になる全体の保険料について見積もりをしてみましょう。
愛車はトヨタのハリアーで等級は14になります。
運転者は本人限定、ゴールド免許、26歳以上補償です。
対人対物は無制限、人身傷害5000万円にペット補償特約を付保し、車両保険は一般型で免責額は初回5万、2回目以降10万円です。
これで保険料は89800円となりました。
自分たちはもちろん、可愛いペットのための補償もついて納得の見積もりです。