補償内容が良い共栄火災で見積もりしてみた

admin

共栄火災の見積もりしてみました

2 (67)自動車保険の更新を控えて、自動車保険をネットで検索していたところ共栄火災の補償内容が結構面白いのです。
共栄火災は昔からある典型的な代理店型の損害保険会社ですが、ネットで見積もりできるので、試しに見積もりしてみました。
私は34歳のサラリーマンで栃木県に住んでいます。
車はニッサンノートで型式はNE11、家内は31歳なので運転者の年齢条件は26歳以上になり、本人配偶者限定にして私の等級は15等級、そしてゴールド免許になります。
対物と対人は共栄火災では全て無制限になるので選択は出来ません。
対物には対物超過費用特約を付けて、事故の相手方の時価以上の修理費の面倒を見ることによって示談を有利に進めることができます。
人身傷害が3,000万円で、ここで少し面白いのはペット補償特約と言う補償があります。
ペットが事故に遭ったりした時の治療費や死亡保険金が支給され、また葬儀代も支給されます。
記名契約者が事故の怪我でペットの面倒を見ることができない時、ペットホテル代なども補償対象になります。
私に家には犬がいるので、この特約を付けました。
車両保険は一般型なので自損事故に関しても補償され、保険金額は135万円に設定され、免責は初回ゼロで二回目以降は10万円が免責になります。
車両無過失特約と地震車両全損時一時金を付加して無保険車傷害が2億円が自動付帯で、保険料が年払いで82,080円になりました。

興味ある補償が満載です

car_black共栄火災には少し面白い特約があって、地震車両全損時一時金は自動車保険で地震などに対する補償は珍しいと言えます。
一時金と言うことで全損の場合の補償ではありませんが、地震の多い地域には役立つ特約です。
またペット特約も面白いといえます。
たまたま私の家にもペットがいて家内が車に同乗させることが多いので付加しました。
人身傷害は、過失割合に関係なく支払われるし、運転者の年齢条件も柔軟に対応されます。
KAPくるまるは長期契約も得意なので車両保険を付加するような高額の自動車保険でも手軽に契約できます。
そんな事から共栄火災のこの見積もりで乗り換えしようと思います。