ゼネラリで自動車保険の見積もりをしてみた

admin

新車購入を検討中

今年の夏に次男が生まれました。
我が家にとっては、3人目の子どもとなります。
さっそく車にチャイルドシートを乗せてみると、今まで載っていた車では、夫婦と子ども3人になった我が家では、車の中がとても狭いことがわかったのです。
おまけにベビーカーを積んだり、赤ちゃん用品の買い出し回数も増えて、荷物も増えてきました。
そこで、現在、新車の購入を検討中しています。
週末にディーラーを巡り、我が家の条件にぴったりな、三列シートで室内空間の広い車を見つけて、気分が盛り上がっています。
しかし気になるのが維持費のことでした。
予想外の新車購入な上、検討している車は大きいだけあって車体価格も高いのです。
それだけ燃費もかかるでしょうし、税金や車検の値段もあがるでしょう。
子どもが生まれて只でさえ出費が増えた我が家には、家計上では大きな痛手です。
そこで、なんとか維持費を節約したいと、自動車保険の保険料を調べてみることにしました。
任意の自動車保険は、会社によって保険料に差があります。
税金のように定められた価格ではないので、条件や会社によって価格を抑えることが可能なのです。

ぴったりな自動車保険を見つけた

そこでインターネットをフル活用して、自動車保険について調べ始めました。
自動車保険は、万が一事故の時に、自分自身では払いきれない金額を補償してくれたり、相手側との調整をしてくれたりという役割があります。
その他にも、ロードサービスや車本体の故障の補償がついているなど、特約部分にあたりところもオプションが幅広くなっています。
インターネットで契約することで、ネット割引が使えたり、継続手続きが簡単にできるなどメリットも大きいので、インターネットで見積もり、申し込みはお勧めできるポイントです。
我が家は、38歳の夫と35歳の妻のふたりが運転し、車種は日産セレナを希望、ノンフリート等級は16等級、日常・レジャーに使用という条件で、一括見積もりのサイトで検討しました。
そこで見つけたのがゼネラリの自動車保険です。
年間保険料が50,140円、対人対物補償は無制限で、搭乗者補償は1,000万、人身傷害補償は3,000万となっています。
これは同条件の保険会社の中で一番安いものでした。
車両保険には入っていませんが、この金額なら負担も押さえられて、安心して車に乗れそうです。
さっそく新車の購入と保険加入の手続きに貼りたいと思います。