見積もりしてみるとわかるゼネラリの実力

admin

自動車保険会社を選ぶ

038 (3)

東京に住む33歳の会社員です。
先月、自動車保険の見積もりをしました。
きっかけは、保険の更新時期が来たことです。
今年結婚したこともあり、補償内容などそのままで良いのか疑問に思っていたので、自動車保険についてCMや新聞広告などをチェックするようにしていました。
そして1年契約の保険の更新に合わせて、保険代理店に問い合わせをしたのです。
補償内容がこのままで良いのかということと、出来れば保険料を安くしたいと言うことで相談したのですが、代理店ではまず本人限定だった運転者を、本人・配偶者限定に変更することを勧められました。
結婚以来、私の車を妻も運転していたのに、すっかり運転者の対象を広げることを忘れていたのです。
うっかりしていた私のせいで、万が一妻が事故に合ったとしたら大変でした。
本当に相談して良かったです。
そして運転者を本人・配偶者にした条件で数社から保険料を見積もりしてもらい、イタリアのゼネラリという保険会社で契約すると、保険料が今までよりぐっと安くなることがわかりました。
今まで、保険について無知だった私は、ゼネラリという保険会社について初めて聞いたので、調べてみると世界有数の規模を持つ保険会社で、なんと創業180年というのですから老舗の保険会社です。
自動車保険は、必要な基本補償をしっかり補償するというコンセプトで、シンプルで合理的なところが外資系らしいなと感じました。

見積もりを依頼して

036

私の見積もり条件は、33歳男性、車種はホンダのステップワゴン、ノンフリート等級は14等級、ゴールド免許所有、日常・レジャーに使用して、年間走行距離は10000キロです。
一般条件の車両保険210万円補償をつけ、さらに対人賠償無制限、対物賠償2,000万円、人身傷害なし、搭乗者傷害1,000万円という内容で、年間の保険料が37,910円となりました。
車両保険がついて、この保険料と言うのは驚くほどの安さです。
それなら保険を乗り換えようと、さっそく契約をすませました。