どの保険にするのか?ゼネラリで見積もり

admin

複数のコースがある

a0001_005724

ゼネラリでは自動車保険のラインアップが3つあります。
一つが基本的な補償がついていて、たまにしか乗らないような方におすすめの「ゼネラリ自動車保険(ビアンカ)」と、ビアンカよりも幅広い車種に対応し、本当に必要な補償だけを用意した「自動車総合保険(PAP)」(こちらは個人だけではなく法人も利用できます)、自分で必要なものを選びとり、補償をつけることができる「自動車保険(BAP)」(個人法人どちらも加入可能)がありました。
ビアンカもいいなと思いましたが、私は会社へマイカーを利用して通勤しているので、PAPの方がいいなと思い、そちらで見積もりを体験したのです。
自分の用途や乗っている車の車種により、的確な保険を選択できるため、無駄を省くことができ、保険料を抑えられるのではないでしょうか。
資料も見やすく、まだ乗り換えなどに慣れていない私にとってはとても参考になります。
何が大切な補償なのかわからない人にも、安心の保険だと言えるでしょう。

見積もり内容確認

ID-100113749

見積もり結果を紹介しますので、参考になれば幸いです。
まず私の情報から、私は現在20歳、グリーン免許を保有しており、ノンフリート等級は7等級で、車はマツダのアクセラ(年式平成23年)に乗っています。
この車には私しか乗らず、通勤のために利用している(走行距離は7000km以下)ので、記名被保険者およびその配偶者に運転者を限定し、年齢は全年齢補償になりました。
対人賠償対物賠償は無制限がおすすめだと聞き、無制限で設定、人身傷害補償特約は3000万円です。
対人賠償責任保険が無制限のため、無保険車傷害保険は2億円として設定されています。
選択できる車両保険は一般車両でつけ、保険金額は160万円、免責金額を5万円、搭乗者傷害保険も付けておきました。
結果保険料は1年間で282730円となり、この見積もり結果に納得したため乗り換えを検討中です。
基本補償が付いていてわかりやすく、印象が良い保険会社だと思います。