乗り換え時期に富士火災で見積もり

admin

乗り換える時期は

a1180_009714すでに自動車保険に加入している人は、次に自動車保険を見直し、他の保険会社へ乗り換える場合でも、等級を引き継げることはもう知っているでしょう。
ですが場合によっては引き継がれない場合もあります。
それは損保系から共済系への乗り換えの時です。
保険会社によっては引き継がれません。
せっかく事故を起こさずコツコツあげてきた等級を、「知らなかった」という原因だけでまた一から始めるのはもったいないと思います。
事前に確認してください。
また乗り換えた先の保険開始日を、前の保険の満期日に合わせておくことも大切です。
「満期を迎える前に全部済ませて解約し、新しい保険会社で保険を利用したっていいのでは?」
「過ぎてしまうよりもいいのではないか」と思う人もいるかもしれません。
しかしこちらも保険会社によっては満期日を迎える前に解約してしまうと、等級を引き継げない可能性があります。
早め早めに行動するのは大切ですが、保険開始日の設定に気を付けましょう。
等級は保険料を安くするための、重要なポイントなのです。

見積もりをして契約へ

ID-100244225富士火災での見積もり内容を紹介しますので、参考にしてください。
現在45歳、妻と二人暮らしで、ニッサンのノート(型式E12)に乗っています。
ノートは妻も運転しており、他者に運転してもらうこともないため運転者は夫婦に限定し、日常・レジャーのために利用しているだけで通勤などには使っていません。
ノンフリート等級は20等級、ゴールド免許です。
対人賠償責任保険・対物賠償責任保険をそれぞれ無制限にし、相手車全損時臨時費用特約をつけました。
人身傷害保険も無制限、搭乗者傷害保険を500万円、車両保険を140万円に設定して見積もりをしています。
他にも300万円が限度の弁護士費用特約などもつけ、保険料は42,440円です。
保険料に納得し、保険の満期日に開始できるように富士火災へ連絡をしました。
富士火災では独自のサービスも豊富なので、まだじっくり考えてみたいと思います。