家計を助けるイーデザイン損保の見積もり

admin

家計のピンチに自動車保険の更新です

jouhou_hanran

少し前に東京の八王子市内に一戸建てのマイホームを新築しました。
エコブームや災害時の非常用電源確保のため太陽光発電を設置し、オール電化住宅にしたんです。
車も日産の電気自動車であるリーフに買い替え、創エネ、蓄エネで節電に努めています。
といっても、土地代、マイホーム代、車の買い替え費用が莫大にかかり、毎月の住宅ローンの支払が大変で、光熱費の節電効果では全く追いついていきません。
そんな中、迎えた自動車保険の更新。
分割払いにして割高な保険料を払うのは嫌だし、だからといって一括で大きなお金が出るのも辛いしと、まさにパニック状態、家計の大ピンチに陥ってしまったのです。
少しでも保険料の安い保険会社を探せねばと一括見積もりサイトを利用したところ、我が家のピンチを救ってくれるかもしれないイーデザイン損保との出会いでした。
今回の更新では補償を削らなくてはいけないと、覚悟のうえで見積もりに臨みました。
ですが、その必要はなかったかもしれません。

我が家のピンチを助けてくれる自動車保険

ID-100257068

我が家の見積もり条件は16等級、日常レジャー使用、年間走行距離は3000キロ超し5000キロ以下、運転者は夫婦限定で30歳以上補償、ゴールド免許です。
試しにほぼいつもの補償内容でチェックしてみました。
対人賠償と対物賠償は無制限、人身傷害は5000万円、車両保険は一般型です。
自分たちの補償は子供が小さいので削りたくなかったのですが、車両保険はエコノミーに落とすしかないかと考えていたのが嘘のようです。
免責額も10万円にしないとダメだよなと思っていたのに、提示されたプランは免責額は初回も2回目以降も5万円だけでした。
これで年間保険料は51070円です。
安いと思いませんか?
なお、1つだけ工夫したところがあります。
おすすめプランは人身傷害3000万円に搭乗者傷害1000万円でしたが、搭乗者傷害を外して人身傷害5000万円としました。
実は搭乗者傷害ってスピーディーな保険金が支払われる分、保険料が高くなるのです。
おすすめプランは52140円でしたが、1000円ダウンで1000万円の補償アップに成功したといえるでしょう。