家計にやさしいイーデザイン損保で見積もり

admin

事故対応が良くてサービス満点

DK038_Lガソリン代、電気料金、円安は輸出企業の業績は回復させますが、私たちの生活にはズシリと重くのしかかります。
そんな状況で、家計にやさしい自動車保険にしなくてはなりません。
そこでイーデザイン損保で見積もりをして見ました。
当然、」見積内容が良ければ乗り換えるつもりです。
イーデザイン損保は東京海上グループなので、事故対応もそれに合せた仕様で行っているので心配はありません。
事故受付は24時間365日受付してくれ、1事故1担当制なので示談終了まで同じ人が担当してくれるのです。
それにロードサービスがものすごく良くて、レッカー移動は30キロまでは無料、ガス欠や鍵の閉じ込め、スペアタイヤの交換など簡単な作業を現場でしてくれます。
また、遠隔地での事故やトラブルのときは、宿泊施設や帰りの交通手段などを紹介してくれ、トラブル地点などが分からないときは、GPSで知らせてくれるサービスもあるので安心してドライブを楽しむことが出来るのです。
そんな事からイーデザイン損保で見積もりしてみました。

見積もりすると保険料がかなり安くなる

ID-100156309私の車はトヨタのラクティスで型式はNCP120です。
ノンフリート等級は16等級、ゴールド免許で、運転者の年齢条件を30歳以上、本人配偶者型に限定して車両保険は付けない見積もりにしました。
対人と対物は無制限で対物超過修理費用特約を付加したのですが、この理由は事故の相手方の車が古い車であれば修理費用が全額保険で賄われないケースがあります。
古い車の修理費は保険で賄おうとしたら時価になるので、その分修理費とのギャップが生じ、そのようなことで示談できないことにならないように最近人気の特約なのだそうです。
搭乗者傷害は1,000万円、人身傷害が車に搭乗中のみ補償で3,000万円、無保険車傷害が2億円、それに弁護士費用特約が300万円、この補償で保険料が年払いで25,700円になります。
ネット割で1万円、証券不発行割引で500円、これらの割引を加味している保険料なのでかなり保険料が安くなりました。
このようなことから契約更新が来たら、今回の見積もりどおり条件でイーデザイン損保に乗り換えします。