イーデザイン損保の見積もりは簡単

admin

保険料を安くするためには?

DK008_L自動車を持つことはお金がかかります。
自動車の購入資金はもちろんの事、ガソリン代や車検代などの維持費、そして税金や自動車保険料。
しかし、便利で生活には不可欠なので手放せません。
できるだけかかる経費の負担を少なくする為にも何かできる事はないか?
そんな考えの中で、自動車保険の負担を軽減すべく、いろいろな損害保険会社での保険を検討する事となりました。
検討して目を引いたのが、イーデザイン損保です。
まず、1番の魅了は国内大手損保の東京海上日動グループであるという事。
信頼度が高く、安心感もあります。
顧客満足度のランキングでも好評価というのも更に信頼度がアップしました。
2番目の魅力が、走行距離によって保険料が変わるという事。
走行距離が少ない、あまり距離を走らない私にとっては、保険料が安くなるかもという期待感。
そして、3番目がインターネットでの申込で保険料より1万円引きとなるという事。
この割引はかなりの額ですね。
期待をもって見積もりを開始しました。

実施の保険料は

a1180_009713トヨタのパッソという車で9等級。
使用目的はレジャーで、運転免許書の色はブルー、30歳以上運転者夫婦限定特約。
走行距離は3,000km超5,000km以下という設定項目を運転者の情報と併せて前回の保険証券を見ながら、ネット見積もりの画面の解説を読みながら入力しました。
そして、たったこれだけの項目の入力でプランが表示されたのです。
設定は3パターン。
もちろん個々の条件を変更して再設定する事もできます。
検討した結果、私が選んだのは対人対物賠償は無制限。
対物超過修理費用補償特約もつけます。
人身傷害補償保険は3,000万円でこの車に搭乗中のみにして保険料を抑えました。
無保険車事故傷害保険2億円の補償は自動付帯されます。
それプラス搭乗者傷害保険1,000万円も追加。
あと、今特約でつけている弁護士費用等補償保険はなんと自動付帯なので安心です。
車両保険は55万円で免責金額は5万円。
これで保険料はなんと59,650円。
車両保険もついてこの保険料は安いですね。
この金額なら十分経費の負担減となりますので、さっそく契約をしました。