一括見積もりサイトで選んだイーデザイン損保

admin

車買い替えで保険料率大幅アップ

a1180_004902

今までトヨタのヴィッツに乗っていました。
できるだけ諸経費の安い5ナンバー車ということで、税金も保険も安いからという理由で選んだのでした。
でも小さいし、遠出はきついし、家族も増えたしということで、今回は思い切ってミニバンのトヨタのヴォクシーに乗り換えたのですが、自動車保険の保険料が車両保険も含めおよそ倍の60129円になってしまったのです。
補償内容は前と同じ、対人対物無制限、車両保険免責ゼロのものだったにもかかわらず、前年が12等級で今年は13等級に上がっても、こんなに値上がりするとはかなりのショックでした。
ディーラーに聞くと、料率クラスが3段階上がってしまい、それだけで2倍になるんだそうです。
ディーラーも、もし保険料が安い車であれば、ノアならヴィッツとさほどかわらない料率だと計算してくれたのですが、気に入った車を諦めればきっと後で後悔するかもしれないしということで、そのほかの自動車税や重量税も高くなるだけに、なんとか節約できないものか、そこで自動車保険の一括見積もりサイトを使ってみました。

一括見積りサイトで車両保険選び

013

スマホから一括見積りサイトで見積もり依頼をしてみると、一両日中には各社から見積り額の入ったメールが届きました。
ただ上位の会社はネット専門の保険会社ばかりで、事故対応力とかどうなのか不安もあったのですが、その一括見積りサイトでは、総合の満足度ランキングだけでなく、サービスや対応力などに分けたランキングも掲載されていたので、見積結果と各ランキングを照らし合わせての保険選びが出来ました。
結局は、見積1位の会社ではなく4位のイーデザイン損保を選んだのです。
イーデザイン損保の保険料は1位と比較して4000円ほど高い44211円だったのですが、そのサイトにも土日祭日でも平日同様担当者がついての事故対応をするとか、最大手の東京海上の通販部門であるというのが決めてとなりました。
一時は、補償内容を下げての車両保険も検討したのですが、当て逃げとか天災で保険が出なければ意味もありません。
だから満額の補償内容で、しかも16000円も保険料が安くなり、本当に助かりました。