車両地震特約がある朝日火災で見積もりしてみる

admin

一括見積もりで朝日火災の車両地震特約を知りました

DS076_L私はニッサンセレナに乗っていますが、自動車保険の見直しをしようと思って一括見積もりをして見ました。
保険料に比較が出来、実際の見積もりをすることで損保会社の特色などが分かると思ったからです。
8社ほどの見積もりが自宅に届きましたが、その中で朝日火災の車両地震特約が目を引きました。
東日本大震災で、車を津波に流された経験のある私にとって願ってもない補償だと感じたからです。
ただ問題は、車両保険を一般条件のタイプにしなければならないことで、保険料が10万円を超えてしまいます。
保険料のことで見直しをしようと思って一括見積もりをしたのですがその趣旨に反するのです。
しかし、大事な財産を失ったあの経験は忘れられません。
そんなことで、朝日火災の代理店に連絡して、再度見積もりをしてもらいました。
不必要な補償を取り払えば少しは安くなると思ったからです。

朝日火災は人身傷害も魅力です

DS014_L私のノンフリート等級は13等級でゴールド免許になります。
セレナの型式はC25,私は50代の会社員で、運転者の年齢条件を35歳以上にして、私と家内を限定した運転者の条件です。
対人と対物は無制限、人身傷害を3000万円にして、搭乗者傷害を1000万円にしました。
朝日火災の人身傷害も少し特徴があって、過失割合に関係なくそう損害額を支払ってもらえます。
例えば、私が事故で怪我をして総損害額が3000万円で、過失割合が私に40%あるとしたら、私の過失分を差し引いた1800万円が相手から支払ってもらえるのですが、朝日火災の人身傷害は過失割合に関係なく、また示談が成立していなくても総損害額の3000万円支払ってもらえるのです。
車両保険が95万円で、一般条件のタイプにしました。
ローン度購入した場合など車は津波に流されて、ローンだけが残ることになります。
車であっても2重ローンは御免です。
保険料は補償を少し削ったので89940円の年払いになりました。
既契約の更新時期になったら、朝日火災に乗り換えします。