事故対応であいおいニッセイ同和で見積もり

admin

私の見積もり条件

3-2自動車保険に加入して、安心して車を運転しようと思ったらやはり事故対応が良い保険会社を選ぶべきではないでしょうか。
保険料が安いことも必要なことではあります。
ただし、いざそれを使おうと思った時、示談交渉が不十分であったり、連絡が密でなく不安をもたなければならないといったら、それは不十分といわざるを得ないといえるのではないでしょうか。
その中で事故対応が良いと評判のあいおいニッセイ同和出見積もりしてみようと思います。
そのために代理店に連絡して自動車保険の見積もりを依頼したのです。
私は静岡県に住む38歳の会社員ですが、家内は36歳で、運転者の条件は35歳以上を選択して、本人配偶者限定にしました。
ここ数年交通違反をしていないので免許証はゴールドで、ノンフリート等級は15等級、車はトヨタのラクティスで型式がNSP120で平成24年登録のく車です。

あいおいニッセイ同和の事故対応

1-10対人と対物は無制限にして、対物には対物超過修理費用特約を付けて、事故の相手の車の時価以上の修理費を50万円まで補償する特約で、これによって修理費で示談交渉が前に進まないということは少なくなります。
また対人には臨時費用特約が自動付帯なので、被害者の争議などの費用をまかなうことが出来るのです。
人身傷害は5,000万円にして、そこに無保険車傷害が2億円自動付帯になっていて、自損傷害特約を1,500万円付加しました。
車両保険は145万円で一般条件にしたのです。
そこに運搬搬送費用特約と事故故障付随費用特約、それに自動付帯のロードアシスタンスをセットにするとかなりのトラブルを解消することができます。
そして、その見積もりの保険料は年払いで73,440円になりました。
あいおいニッセイ同和の事故対応は、事故を起したら24時間365日受付のコールセンタに連絡を入れてください、その後初期対応安心コールで、相手先の電話を入れた結果や病院を手配した場合などのその結果などを報告して、一ヵ月後程度をめどにして経過報告を入れて、示談交渉の経過報告もして最終的に示談成立にいたります。
そのことから私は自動車保険をあいおいニッセイ同和に乗り換えします。