安心のカーライフのためにあいおいニッセイ同和で見積もりしてみました

admin

また更新月がやってくる

1 (28)

また来月の自動車保険の更新が近づいてきました。
私は現在ネット通販型の自動車保険に加入していて、これといった不満を感じてはいませんが、それは事故にあわなかったからかもしれません。
自分の周りに、自損事故や物損事故などの話を聞いていると迷ってしまいます。
確かにネット通販型の自動車保険は保険料が安くて、ロードサービスも充実しているのですが、いざ事故になった時に電話対応だけでいいものかどうか疑問に思っていて、さりとて保険料が安いネット通販型も捨てきれないのです。
一回事故に会って、その対応を見極めることが出来れば納得して判断できるのでしょうが、若いとき事故を起こしたことがありましたが、そのときは代理店型の自動車保険でした。
そのときは代理店をしている自動車修理工場の人が全面的に動いてくれて不安も無かったことを覚えています。
そんなことを考えて、修理工場が代理店をしているあいおいニッセイ同和の見積もりをしてもらうことにしました。

代理店型でもロードサービスが充実してきている

ID-100258143

私が乗っている車はトヨタのシエンタ、平成19年登録の型式がNCP81Gです。
ノンフリート等級は12等級、ゴールド免許、35歳限定、そして夫婦限定で見積もりしてもらいました。
対人・対物無制限、人身傷害が3000万円そこには自動車事故特約をセットして車内外での補償にして、無保険車傷害と弁護士費用特約を付けて見積もりしたところ、保険料が43750円になります。
今支払っている保険料より少し高くなりますが、ロードサービスが自動付加されて、それがネット通販型と変わらないくらい充実したサービスなのです。
私が代理店型からネット通販方に切り替えた一つの理由がロードサービスだったので、充実した内容のロードサービスなら問題ありません。
保険料は少し高くなるので、それはいざという時の安心のコストと思えばいいし、何かあったら気心の知れた修理工場に電話をしたらいいだけです。
そう割り切ればあいおいニッセイ同和の見積もりも悪くはありません。
また元に戻そうと思っています。