相棒の自動車の保険の見直すなら、エース保険で見積もり

admin

自動車が相棒です

037 (3)

大学時代の山岳部の仲間と今でも私は山へ出かけることがあります。
遺伝子というのが作用したのか、子供たちも山が大好きです。
59歳ともなれば、もう子供たちもハタチを超えています。
子供たちも一緒に山へと登るのは楽しくてたまりません。
住んでいる兵庫県にも山は制覇してしまったので、今は他県の山の制覇を目指しています。
私がエース保険に変えようと思ったのは、自動車を家族以外が運転するからです。
軽い山登りでも年を重ねるごとに疲れる度合いが増えてしまいます。
私の車はホンダのフィットシャトルで5人乗りです。
59歳4人と息子32歳が乗り込んでいることが多いでしょう。
行きは私が運転しますが、帰りはもっぱら32歳の若い彼に運転をお願いしています。
名義は私で息子の車ではありません。
が、運転者条件をつけたので、補償がつきました。
また自動車を長時間駐車場に止めることになるので、車内の持ち物の盗難も心配です。
だから私は身の回り品補償特約もつけました。

相棒を守るための補償

1 (25)

保険料の算出には3つの基準があります。
その1としては運転免許証の色です。
私はブルー免許で、等級は13でした。
その2としては自動車の主な使用目的です。
通勤とレジャーに使うので、私の年間走行距離は7,890kmになります。
その3としては年齢と、家族運転者年齢条件です。
私は息子が運転をするので、運転年齢条件を30歳以上に設定しました。
事故にあったときの処理の中で、私がとても気をつかうのが修理のことです。
エース保険にはDRPネットワークというものがあります。
これは全国にある優良修理工場のネットワークのことです。
つまり修理するための工場を紹介してくれるということです。
全国400ヶ所以上に存在するのできっと近い修理工場が見つかることでしょう。
修理期間中は代車は無料です。
それで保険料は1年間に47,120円支払います。
見積もり書を家族で見て検討しましたが、全員一致でエース保険にしようということになりました。