3分で分かる。人身事故現場での対応

admin

交通事故による死者数安全運転が一番ですが、人生は何処で何が起きるか分かりません。
2012年のデータでは交通事故による死者数は4411人で、歩行者に衝突したケースが37%、自動車どうしの衝突が32.1%となっています。
また、死者のうち65歳以上が51.3%と高齢者の割合が多く、そのほとんどが歩行中に事故に遭っています。

では、万が一、車を運転中に人身事故を起こしてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?
焦ってパニックにならないよう、なすべきことを確認しておきましょう。

まずは、免許取得時の講習でも習ったように、負傷者の救護です。
応急措置や声掛けなどを行いつつ、早急に119番に通報しましょう。
もし、特に出血もしておらず、相手が立ち上がって「歩けるし大丈夫だ。
特に痛い所はない」と言ったとしても、必ず病院に連れて行ってください。
実際に起こった話ですが、自動車事故に遭った被害者が転倒した瞬間、頭を打ったものの、歩けるからと自宅に帰宅してしまい、翌日、脳内出血により死亡した例があります。
後から症状が出てくる場合もありますので、病院に行くことは大切です。

また、絶対にしてはならないことですが、事故の発覚を恐れてその場を立ち去るようなことはしてはいけません。
要救護者がいるにも関わらず立ち去れば、保護責任者遺棄罪に問われるケースも出てきます。
交通違反だけでなく、重たい責任を負わされるので、どんなにパニックになっても冷静に対処する心を持ちましょう。
続いて事故車両が動かせる場合には、他の車両の通行の妨げにならないよう、路肩に移動させ、警察への通報を行います。
早急に119番に通報しましょう場所や時間、ケガ人の状況などを分かりやすく告げ、事故現場の検証に立ち会います。
ご加入の自動車保険の事故対応窓口に電話をするのは、その後になります。
自宅に戻ってから、もしくは救急病院で被害者の治療を待っている間に連絡を取りましょう。
なお、気を付けたいのは被害者から金銭の請求を受けたり、示談を迫られても、絶対に応じないことです。
不誠実な対応という意味ではなく、「保険にきちんと入っていますから、安心してください。保険会社と相談して、しっかり対応させていただきます」と相手の気持ちを慮り、お見舞いなども欠かさないようにしてください。

あわせて読んでおきたい記事