初心者のための自動車保険講座【第3回~保険金が支払われない場合~】

今回は、自動車保険に加入していても、保険金が支払われないケースについてご説明いたします。

保険金が支払われないケースは結構ある

これは他の保険にもいえることですが、自動車保険に加入していれば、どのような場合でも補償されるというわけではありません。
なかには、一切支払われないケースもあり、その詳しい内容は自動車保険の約款などに記載されていますが、ここでは代表的なものについてご紹介したいと思います。

対人・対物賠償保険で支払われないケース

次のいずれかに該当する事由によって生じた損害については、保険金が支払われません。

  • 保険契約者・被保険者の故意
  • 戦争、内乱、暴動など
  • 地震、噴火、津波など
  • 台風、洪水、高潮
  • 核燃料物質などによる事故、放射線照射、放射能汚染
  • 被保険自動車の競技・曲技など

対物賠償責任保険では、自身が所有する物に生じた損害は対象外です。
たとえば自宅ガレージで物損事故を起こしてしまった場合は、ガレージは火災保険、車は車両保険が適用できる可能性がありますので、こういったケースでの補償を希望される方は、火災保険と車両保険の内容をチェックしてみてください。
また、対人賠償責任保険でも、本人自身およびその近親者に生じた損害は補償されません。
そのため、人身傷害補償保険には加入しておくべきなのです。

人身傷害補償保険で支払われないケース

上記、対人・対物賠償保険で支払われないケースのうち、台風、洪水、高潮による損害で、自身およびその近親者に生じたものは、人身傷害補償保険の補償対象となっています。

また、無資格運転、酒気帯び運転、麻薬等の影響を受けた運転により自身に発生した損害は補償されません。
ただし、このような場合でも、他人に発生した被害については、被害者救済の観点から対人・対物賠償保険により補償されることになっています。

車両保険で支払われないケース

車両保険においては、衝突、接触、墜落、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮、等の事故により被保険自動車に生じた損害は補償されますが、摩滅・腐食・さびや、パンクした場合のタイヤの損害等は補償の対象外となっています。

特約で対象外になってしまうケース

最近では、特約により運転者の氏名を特定する「運転者限定特約」や、運転者の年齢を制限する「運転者年齢条件特約」等を付加することにより保険料を引き下げる自動車保険がありますが、当然、これらの特約で定めた補償の対象者でない場合には補償はされませんのでご注意ください。
言うまでもないことですが、保険の更新時期が来たのに手続きを行わずに事故を起こした場合には、当然補償の対象にはなりませんので、更新の連絡が来たら早めに手続きをしておきましょう。

この記事を書いた人

島本 啓介(ファイナンシャル・プランナー)
  • 2013年7月 2級FP技能士取得
  • 2014年2月 AFP登録
  • 2014年4月 全国ネットワークのFP集団「FPヒーローズ」に参画

大手通信会社、ITベンチャー企業に勤務後、保険業界に転身。
お客様の将来の不安や悩みを解決するためには、金融全般の知識が必要と思いFP資格を取得。
全国の仲間たちと情報共有・切磋琢磨し活動中。