基礎から学ぶ自動車保険①【自賠責保険と任意保険】

自動車保険には強制保険任意保険の2種類があります。
今回は、1つ目の強制保険について取り上げたいと思います。

強制保険とは、自動車損害賠償保障法という法律により全ての自動車(バイクや原動機付き自転車も含む)について加入が義務づけられている保険で、自動車損害賠償責任保険、略して「自賠責保険」と一般的に呼ばれているものです。
自賠責保険に加入せずに走行した場合は、50万円以下の罰金もしくは1年以下の懲役という刑事罰があり、さらに無保険で運転した場合は道路交通法違反で6点減点(免許停止)の行政処分も受けることになります。
また、加入時に発行される「自賠責保険証明書」は運転時に必ず所持する必要があり、所持していない場合は30万円以下の罰金という刑事罰を受けることになります。

自賠責保険でどこまで補償されるのか?

自賠責保険は、自動車事故の被害者が受けた損害について、必要最低限の補償を確保するために存在します。
そのため、補償範囲は対人賠償のみとなっており、限度額も以下のように設けられています。

  • 傷害による損害・・・120万円
  • 後遺障害による損害・・・75~4000万円
  • 死亡による損害・・・3000万円

ところが、近年では5億円を超える賠償金の支払いを命じられる判例もあり、交通事故を起こした際に億単位での損害賠償請求を受ける可能性は誰にでもあるのです。
自賠責保険では、こういった損害賠償をとてもカバーしきれないということがおわかりいただけると思います。

また、あくまで自賠責保険は交通事故被害者の損害を補償するためのものですので、運転者自身の損害や物損事故による損害、車両が受けた損害などは補償されません。
こういった自賠責保険で補償されない部分をカバーするために、任意保険が存在するのです。

任意保険は加入すべき?

任意保険とは名前のとおり『任意』に加入する保険ですので義務ではありません。
したがって、加入していないからといって罰せられたりすることはありません。

しかし、自賠責保険で補償されるのは、人身事故を起こした際の被害者への損害賠償責任に対する部分のみです。
しかも、先に挙げたように限度額が設けられているため、多くのケースでは十分な補償を受けることができません。

皆さんは、車を運転する時に、交通事故を起こさないよう安全運転を心がけると思います。
しかし、どれだけ注意していても事故を起こしてしまう可能性はありますし、事故をもらったり、巻き込まれてしまうこともあるのです。

そんなとき、相手方に自賠責保険で補えない多大な損害を与えてしまったり、運転者自身が損害を被ったり、はたまた車両に大きな損害を被ったりする可能性もあります。

こういった様々な可能性に対処するためには、自賠責保険とともに、任意の自動車保険に加入する必要があるのです。
実際に、2014年3月末現在の任意保険の加入率は、対人賠償保険、対物賠償保険ともに、全国平均で約73.4%となっており、多くの方が任意保険に加入されています。

この記事を書いた人

大滝 よう子(ファイナンシャル・プランナー)
  • 2010年 住宅ローンアドバイザー資格取得
  • 2011年 損害保険募集人資格・シニアライフコンサルタント資格取得
  • 2012年 2級FP技能士取得、AFP登録
  • 2014年 消費生活コンサルタント資格取得

自宅購入を機に住宅ローンアドバイザー資格を取得し、国内大手生保会社勤務を経て独立。
FP事務所を開設すると共に、元々やっていた漫画家として復帰。
現在は、金融記事やマネーコラムの執筆、それに合わせた一コマ漫画やイラスト等を週刊漫画誌等に連載中。