3分で理解!代理店型自動車保険とダイレクト型(通販型)自動車保険の違い

0418c21182a1f2db179d09a9dc992749_m

自動車保険の加入方法は、大きく分けて2種類あります。
従来からある『代理店型』と、最近テレビCM等ですっかりお馴染みの『ダイレクト型』です。
これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

代理店型の特徴

まずは従来型の『代理店型』についてです。
こちらは主に、自動車販売店などの保険会社の代理店を経由して契約を行います。
担当者と対面での相談ができ、顧客の状況に合わせた補償内容を提案してくれるのが大きなメリットだといえるでしょう。
また、担当者がいることで、申込時や更新時、事故を起こしてしまったときなどの手続きについて、直接サポートしてもらえるのもメリットです。
一方、デメリットとしては、担当者の人件費や代理店の利益が保険料に含まれているため、ダイレクト型の保険よりも保険料が高いという点があげられます。
代理店型は、保険のことがよくわからないという方や、保険料が多少高くなってもいいから極力手間をかけたくないという方におすすめだといえるでしょう。

ダイレクト型(通販型)の特徴

『ダイレクト型(通販型)』の保険は、インターネットや電話などを利用して、顧客と保険会社が直接契約するタイプの保険です。
そのため、代理店への中間マージンや担当者の人件費が抑えられるため、一般的に代理店型の保険よりも保険料が安いというのが大きなメリットです。
また、インターネットや電話で直接申込みが出来るため、担当者と対面で話す時間が取れないという方や、あまりコミュニケーションをとりたくないという方でも気軽に申し込みができます。
さらに、代理店型の場合は、担当者から提案された保険を断りづらい面があるかもしれませんが、ダイレクト型だと複数の保険会社を比較してじっくりと検討することができます
ロードサービスや事故現場への駆けつけなどの補償内容についても、代理店型の保険よりも比較的充実しているということもメリットです。

一方、ダイレクト型のデメリットは、申込時や更新時、事故時に必要な手続きをすべて自分で行わなければいけないということにあります。
申込時の補償内容の相談については電話担当者がアドバイスをしてくれますが、他社との比較などは自分で行わなければいけません。
そのため保険のことを自分で調べ、好みの自動車保険をカスタマイズしたいという方にはピッタリだといえます。

どちらにも一長一短が

上記のように、代理店型とダイレクト型どちらにも一長一短があります。
最終的にはどういった点を重視するかというところによるでしょう。

対面で同じ担当者にずっと対応して欲しいという方には、代理店型がおすすめです。
一方、補償はしっかりしながら保険料は安くしたいという方には、ダイレクト型がおすすめです。
どうしてもどちらか迷ってしまうという方は、このどちらのタイプによりあてはまるかで選んでみてください。

3 (22)

この記事を書いた人

大滝 よう子(ファイナンシャル・プランナー)
  • 2010年 住宅ローンアドバイザー資格取得
  • 2011年 損害保険募集人資格・シニアライフコンサルタント資格取得
  • 2012年 2級FP技能士取得、AFP登録
  • 2014年 消費生活コンサルタント資格取得

自宅購入を機に住宅ローンアドバイザー資格を取得し、国内大手生保会社勤務を経て独立。
FP事務所を開設すると共に、元々やっていた漫画家として復帰。
現在は、金融記事やマネーコラムの執筆、それに合わせた一コマ漫画やイラスト等を週刊漫画誌等に連載中。