三井ダイレクトの車両保険でトヨタ・アクアの盗難をカバーした!

admin

僕はトヨタのアクアに乗っていました。
なぜ過去形かといえば、盗難にあってしまったのです。
アクアはプリウスの小型版として若者向けに開発された車で、周りの反応もよくすごく気に入っていたんです。
自宅の車庫に止めておいたところ、夜中に妙な音がするなと思い外に出てみたら、ちょうど車両が消えていくところでした。
実は界隈で車両の盗難が多発していて、つい最近も全国ニュースになったばかりだったんです。
強硬な手口で一瞬にして持ち去り、ニュースで報道された男性は車にしがみついたために、ケガを負っていました。
だから僕は無駄な抵抗をせず、直ぐに警察に電話することしかできませんでした。
盗難車は違う方の車ばかり狙われていたので、まさか自分の車が、と目を疑いましたが後の祭りです。
オプションでイモビライザーを付けるべきだったと悔やみましたが、どうしようもありません。
未だに盗難車は見つかっていません。
ただ、経済的な面ではプラスマイナスゼロなんです。
三井ダイレクトの自動車保険で車両保険をしっかり付けていましたので、新車購入とほぼ同額の180万円の支払いを受けることができました。
ちなみに加入していた内容は次の通りです。
等級は14等級、26歳以上補償、本人限定で対人・対物無制限、人身傷害5000万円、搭乗者傷害1000万円、車両保険は保険金額185万円の盗難も補償される一般タイプで免責金額は1回目5万円、2回目以降10万円です。
インターネット契約割引4000円、証券不発行割引500円、ハイブリッド型のエコモデルなのでエコ割引も適用されています。
これで年間保険料は49410円でした。
免責金額5万円が差し引かれて180万円の保険金が支払われたわけです。
実際のところ、受け取った保険金額があれば、同じ車種を買うことができます。
今度はイモビライザーもきちんと付けて購入するつもりです。
もっとも、まだ心の整理がついていないというか、どこかで戻ってくるのではと期待があるんです。
ただ、警察によれば海外のプロ集団で既に海外に持ち運ばれている可能性が高いとのことで、見つかる確率は低そうです。
残念ですが、せっかく頂いた保険金で新車の購入にそろそろ踏み切ろうと思います。
車両保険には入っておいて正解ですね。