自動車事故におけるソニー損保の対応と自動車保険(車両保険)

admin

皆様は自動車に乗っているとき、常に事故を起こす想定をしていないと思います。
今回は、私の自動車事故の経験をお話いたします。
私は、事故を起こした事はそれまでありませんでした。
事故現場は、見通しの良い片側2車線の道路で朝の9時30分くらいです。
私は、右側の車線を走っていましたが、交差点を過ぎたところで、右側の車線のみ渋滞をしていました。
後続車は有りましたが、左車線を走っている車はありませんでした。
そこで、交差点を抜けてから左の車線に移動しようとしました。
後続車が、交差点の中で車線変更をしたらしく、私が左車線に入った時に後ろから追突されてしまいました。
後続車は某ハウスメーカーの営業車で営業先へいそいでいるようでした。
よく、事故では個人同士で話し合いにて済ました場合にもめるということを聞いていたため、すぐ警察へ連絡しました。
相手は、ご自身の保険会社へ連絡した後、会社や取引先へ電話していました。
私も、自動車保険の会社へ連絡をしました。
私の契約していた保険会社はソニー損保です。
まず、事故対応の係りの方がご対応してくださいました。
私の体の状態をまず心配されてくださいました。
その後で、契約番号などを告げ、簡単な状況説明をしました。
お巡りさんが到着し、現場検証のあと、お互いの連絡先と保険会社の電話番号を交換しました。
幸い、自動車自体はお互いに自走出来る状況のため、一度帰ってからソニー損保へ連絡をし、自動車保険を使用しての修理などの依頼をしました。
依頼してから即日に代車の手配などをしていただけたため、生活状況は全く変更しなくて済みました。
後で首が痛くなったため、病院へかかりました。
その時の治療給付金5,0000円がいただけました。
事故によるむち打ちと診断となり、治療費などの請求となりました。
治療費については、整形外科で4,800円、整骨院にて12,500円の計17,300円がいただけました。
ソニー損保が全て相手方との交渉なども全てしていただけました。
車の修理代金として134,800円かかりました。
治療費や自動車の修理費なども全て保険でまかなう事が出来ました。
保険会社が事故当時からアフターケア、相手方との交渉など全てしていただけ、進捗についても随時ご連絡をいただけたことからとても安心できました。
皆様も事故には気をつけて運転をしてください。