BMWもバッチリ!リーズナブルで安心の車両保険補償ならソニー損保

admin

念願のBMWを購入し保険料のアップも覚悟

今年30歳になったばかりのサラリーマンです。
まだまだ独身を謳歌しており、30歳の誕生日に念願のBMWを購入しました。
初めての外車なので、もう嬉しくて仕方ありません。
自動車保険の更新時期と重なり、今回からは保険料のアップも覚悟していました。
高級外車の車両保険って高いっていうじゃないですか?
これまで古い日本車だったので車両保険をケチってエコノミーにしたり、付保せずに保険料カットしていたんです。

ソニー損保で見積もりしたら予想より安かった

でも、今回はBMWだし新車だし、いたずらや盗難など色んな心配がよぎって、しっかり付けるぞと思っていました。
そこでソニー損保で見積もりをしてみました。
対人・対物無制限、搭乗者傷害3000万円、車両保険はもちろんエコノミーではなく、当て逃げや自損事故まで幅広く補償される一般型です。
免責は初回5万、2回目以降10万円で、車対車免ゼロもなしにしました。
まぁ、このくらいの自己費用は払ってもしかたないと思うので。
車両保険金額は570万円と出ました。
これまで日本車の同車種の新車でも190万円ほどだったので、やっぱり評価は高いですよね。
で、気になる保険料はと言いますと、17等級で69630円でした。
目を疑いました。
予想よりはるかに安かったんです。
月あたり5800円程度の負担なら、愛車を守るには安いものです。
ゴールド免許割引、走行距離5000キロ以下、30歳限定かつ運転者は本人限定、証券なし500円割引、そしてインターネット割引8000円が効いているのでしょう。
大切な宝物ですから、自分以外は絶対運転させませんからね。
あまりに安かったので、気になった新車買替特約も付保してみると、74250円でした。
わずか4620円の差で、万が一の新車再取得費用が得られるわけですから、迷いなくこのプランで契約しました。

当て逃げの修理も保険で

そして、数カ月したある日、事もあろうに当て逃げされたのです。
傷は浅めで修理費用は30万程でしたが、とにかく何もない綺麗な状態に戻したくて修理を依頼しました。
一般型の車両保険を選んでいたので自己負担5万円以外の部分はすべてカバーされ、助かりました。
保険料が安いから迷わず入れて良かったです。