単独事故も安心!東京海上日動の自動車保険【トヨタ・ist・16等級】

admin

単独事故で入院し、収入も失った

僕は最近、単独事故を起こしてしまい3週間ほど入院しました。
3週間で済むケガで良かったと思っていますが、自分は自宅でフリーランスでwebデザイナーをしているのでその制作ができなくなり、急きょ、別の人に制作をバトンタッチするなど、その間の収入を失いました。
入院費がかかるうえ、収入は大きく減り、しかも相手方のない単独事故ですから誰かから賠償金をもらえるわけでもなく、大変な思いをしました。

トータルアシストのおかげで入院費や逸失利益を受け取れた

しかし、この状態を救ってくれたのが加入していた東京海上日動の自動車保険トータルアシストです。
もし、自動車保険に加入しておらず、自賠責だけだったらと考えるとゾッとします。
自賠責は他人への補償に限られ、自分のケガには一銭たりとも補償されませんからね。
事故に遭ってはじめて、そのことを改めて痛感し、入っていて良かったと思った次第です。
入院費として40万円、失った収入として逸失利益30万円の補償をトータルアシストの人身傷害保険からと、傷害一時金を20万円受け取ることが出ました。
その時、加入していた内容は16等級、26歳以上補償、本人限定、日常・レジャー目的のトヨタのイスト(保険金額85万円)の設定で、対人・対物無制限、人身傷害無制限(搭乗中のみ補償)、傷害一時金20万円、車両保険一般型(免責額5万・10万)で、年間保険料は76530円でした。

少し高くても補償内容は厚く

人身傷害を無制限で加入しているって、案外珍しいのではないでしょうか?自分でも驚きですが、この時の見直しの際、何となく無制限だったら保険料はどのくらい高くなるんだろうとインターネット見積もりで試してみたら、意外に安かったんで、自分の補償は自分でとこれに決めたんですよね。
思えば、自分が単独事故を起こす胸騒ぎがあったんでしょうか?安いと感じたのはインターネットで保険会社から自動提示された86210円のプランとの違いです。
保険料は1万円高いのに人身傷害は3000万円(車内外補償)で、その代わり、入院時選べるアシスト特約や車内携行品補償特約、個人賠償責任補償特約が付いていました。
ですが、車の保険なんだから走行中の補償を厚くしたほうがいいと感じ、これらの特約は外して、人身傷害を搭乗中のみに限定したうえで無制限にしたんですよね。
今回は70万円ほどの保険金でしたが、一生寝たきりになるほどの単独事故を起こすとも限りません。
補償内容は厚くするのがオススメだと個人的には思います。