自分のケガもしっかり補償!アメリカンホーム・ダイレクトの搭乗者障害保険

admin

加入しているアメリカンホーム・ダイレクトの内容

事故を起こして、3週間も会社を休んでしまいました。
派遣社員なので休むとお給料がもらえないんです。
今月は生活が厳し過ぎる、家賃も払えないと嘆いていたところ加入していたアメリカンホーム・ダイレクトの自動車保険で、しっかり補償が得られました。
加入している内容は、14等級、ゴールド免許、日常・レジャー目的、走行距離5000キロ未満、本人限定、30歳以上補償で、対人・対物無制限、搭乗者傷害500万円、人身傷害3000万円に車両保険の一般型を付けていました。
これで年間保険料は49020円と大変リーズナブルな内容でした。

事故の経緯

事故が起きたのは雨の日です。
近くのレンタルショップに出かけた帰りのことでした。
タイヤが雨でスリップしてしまい、対向車線にはみ出して走ってきた車と衝突してしまったんです。
その衝撃で頭を強打し、2週間の入院と1週間の自宅療養を余儀なくされました。
頭部打撲で骨折したわけでも、脳に異常が出たわけでもなかったのですが、頭を打つとこれほど痛いのかという辛い状況でした。
頭が痛くて起き上がることもできず、食事を取るにも噛むと頭に響いて食べられません。
ろくに食べ物も食べられず、へとへとな感じでした。

保険金もスムーズに

入院費用も払えないと嘆いていたところ、アメリカンホーム・ダイレクトから、搭乗者傷害の一時金として、頭部と頸部の打撲・捻挫により10万円が直ぐにおりました。
事故当日に頭部のCTスキャンを撮影しただけで、6万円もかかったので大変助かりました。
これでとりあえずの治療費の一部をカバーすることができました。
とはいえ、3週間も会社をお休みして精神的にも参ってしまったうえ、お給料が減ったらどうしようと不安でたまりませんでした。
お給料は結果的には会社で加入している健康保険の傷病手当金で6割がカバーされたものの、1日の時給11200円の15日分の4割に当たる67200円が休業損害として、アメリカンホーム・ダイレクトの人身傷害保険でカバーしてもらえたんです。
そのほか、治療費として220000円が支給され、自分の未熟な運転が招いた事故とはいえ、金銭的に困ることなくホッとしています。