【50代・20等級】店舗の休業損害もしっかり補償!アメリカンホーム・ダイレクトの対物賠償保険

admin

私はアメリカンホーム・ダイレクトの自動車保険に加入しています。
選んだ理由は保険料が安いので、充実した補償を準備できるからです。
加入している内容はこんな感じです。
現在私は53歳で、等級は20等級、運転者は本人限定の30歳以上補償、ゴールド免許、通勤・通学使用、年間走行距離は5000キロ以上1万キロ未満の契約条件です。
補償内容は対人・対物無制限、人身傷害1億円、搭乗者傷害500万円、車両保険は一般型で年間保険料は46650円です。
人身傷害は万が一の自損事故で介護でも必要になったら、2億円くらいの生活費や介護費用が必要になると思い、最大の保険金額で設定しました。
それでも、この安さですから有難いです。
ゴールド免許の私でしたが、実は少し前に衝突事故を起こしてしまいました。
トラックと正面衝突して、その勢いで自分の車は近くの飲食店に突っ込みました。
幸いケガ人は出なかったのですが、トラックの損傷と積荷運搬中の荷主への損害、飲食店のショーケースを含む店舗の損害と、5日間の休業損害が発生してしまったのです。
直ぐにアメリカンホーム・ダイレクトに連絡し、トラック側の保険会社との示談交渉も全て行って頂きました。
その結果、過失割合が私が60%、トラック側が40%の認定となりました。
私の損害負担分として、トラックの修理費用15万円、荷主への損害40万円、飲食店の修理費用60万円、休業損害30万円で合計145万円の支払いが生じました。
トラックの所有者、荷主、飲食店とそれぞれに対して、非常にスムーズに賠償金の支払いを行っていただき、お互い円滑に事を納めることができて大変感謝しています。
何より、もし自分で145万円を自腹で払うとしたらと考えると、恐ろしくなります。
わずか5万円弱の保険料で145万円もの支払いをしていただき、しかも、翌年、等級ダウンしても保険料が145万円になるわけではありません。
自動車保険の有難みを強く感じた出来事でした。