事故が起こっても安心できる対物賠償保険は東京海上日動

admin

自動車を購入したら、つけておく必要があるのが任意保険ではないでしょうか。
私も、車を購入したときに契約。
これはつけておいてよかったです。
まず、保険会社ですが、これは親がかけているため、迷わずに、同じところにしました。
会社は、東京海上日動のトータルアシスト自動車保険になります。
迷わなかった理由は、担当のスタッフさんとも顔なじみでもあり、信頼があったからです。
そして、対物賠償は無制限という内容でのプランにしました。
年齢割引は適用できず、免許証もグリーンで適用外、等級も6等級からのスタートで、毎月の保険料は、10500円。
しかし、車を購入してから半年あまりで、大事故を起こしてしてしまったのです。
会社での勤務中、自分の車を使って、運転しておりました。
場所は大きな交差点の前で、相手は大型トラックです。
幸いにも自分自身に怪我はなかったのですが、私の車をよけようとしたトラックはよけきれずに、私の車の車体に少しぶつかり、横転。
もちろんトラックは故障し、乗っていた3人の乗組員も外に投げ出されておりました。
事故の後は、とても悲惨な状況で、周囲の住人もかけつけるほどです。
そして、警察を呼び、私は保険会社の担当スタッフさんに電話しました。
それから会社に連絡をいれました。
すると、保険会社の担当の方は警察よりも早く現場にかけつけてくれたのです。
このようなスピーディーな対応はとても心強いものがあります。
生まれてはじめての車での事故でしたので、気が動転している中、いろいろな段取りを保険会社のスタッフさんがつけてくれたのです。
相手の連絡先を聞いたり、それ以後は一切保険会社のスタッフの方に任せました。
まずは私も病院で検査を受けたほうがよいと言われ、近くの病院で検査を受けましたが、異常はなく、帰宅。
車はロードサービスのレッカー車にお任せして、そのままかけつけてくれた両親の車で帰宅しました。
その後、トラックは本線を走っていて、私はわき道からの走行だったため、事故のほとんどは私の過失ということになり、トラックだけでなく、その運転手の怪我の治療代、働けないため給料の保証、公共のものを破損していたためその修理代金の保証いろいろなところにお金が必要になりました。
ところが、これらの保障はすべて、かけていた保険会社が負担してくれたため、私は一円も払わなくて済んだのです。
この事故での損害額は総額2000万円ほどで、当然ながら任意保険をかけておかなければ、足りない分は自腹になってたかと思うと怖いです。
これほど手厚い保障内容なら、月々の保険料は安いなと思います。