幾つになってもしっかりカバーしたい!三井ダイレクトの対人賠償保険

admin

私はもう68歳になります。
定年退職して以降、のんびりと暮らしています。
趣味と言えばドライブで、ハンドルを握ってから既に40年以上経ちます。
これまで事故といった事故は起こしたことがなく、自動車保険の等級ももちろん20等級を長年維持しています。
とはいっても、年齢が年齢なので息子や孫から注意するよう言われたり、自分でも高齢者のハンドル操作ミスを起因とする事故のニュースを聞くと、そろそろ車は引退したほうがいいかとも思ってしまいます。
ですが、高齢夫婦2人暮らしで息子たちとは別に住んでいますから、自分が運転しないと非常に不便なんですよね。
そんな感じで、ずっと乗り続けてきました。
加入しているのは三井ダイレクトです。
孫に操作を教わりながら加入しました。
本当に安くて驚いています。
20等級で35歳以上、本人限定、日常・レジャー使用、対人・対物無制限、人身傷害保険3000万円、搭乗者傷害保険1000万円、車両保険は一般型(保険金額290万円、免責額5万円)で、年間保険料は52640円となります。
年金生活者の身には有難いですね。
事故が起きたのは休日のホームセンターの駐車場でした。
もう1つの趣味であるガーデニングの道具や苗木を買いに出かけた帰りでした。
意気揚々と乗車し、車を出そうとしました。
頭から入れたので後ろにバックという場面でしたが、少し下がった所で、向こうから女性が歩いてくるのが見えたので、ブレーキを踏みました。
いえ、踏んだつもりだったんです。
ですが、アクセルと間違っていました。
ニュースで見聞きしていたリスクが顕在化してしまったんです。
慌ててブレーキを踏み直そうとするも、焦ってしまって何が何だか分からなくなりました。
40年以上運転していたのにショックでした。
幸いにも大きなケガには至りませんでしたが、尻もちをついた瞬間、腰を痛め、しばらく立てない、歩けないという状態が続きました。
1ヵ月ほどで良くなりましたが、慰謝料や休業損害を含め、140万円ほどの支払いが生じました。
自賠責でカバーされる120万円を超える部分は、三井ダイレクトの対人賠償から支払っていただき、お相手にも納得していただいて、大変助けられました。